楽 天 「訳あり」 商 品

2015年04月23日

税理士 転職

昨今は高齢化社会が進み、公認会計士は福祉施設でも需要が増加傾向にあるのです。それだけでなく、大きな会社になると監査室等にも公認会計士がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを行っております。このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあるでしょう。

公認会計士が上手に転職するためには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが重要です。それに、どのような条件を重視するのかを決めておくのがお薦めです。未来の自分の姿を明白に思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。

公認会計士産業公認会計士とは、企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)を職場とする公認会計士をいいます。公認会計士と聴くと会計事務所、クリニックの印象が強いですが、監査室が置かれている企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)もあり、そういう場所で働く人もいます。


ラベル:税理士 転職 監査
posted by りゅうへい at 17:26| Comment(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。